家族の命を守りたい|住み心地抜群の高級住宅|費用に見合う価値がある

住み心地抜群の高級住宅|費用に見合う価値がある

インテリア

家族の命を守りたい

住宅

耐震性能を高くする

静岡には、耐震性能の高い戸建て住宅ばかりを専門に建てている建築会社がいくつもあります。静岡で戸建て住宅を建てる場合、地震対策を全く考慮せずに建てるわけにはいきません。日本は地震大国ですから、静岡以外の場所で戸建て住宅を建てる場合でも家の耐震性能を無視することはできません。しかし、南海トラフ巨大地震がいつ発生してもおかしくない状況の中、最も大きな被害が予想されている静岡では、戸建て住宅の耐震性能を高めることが喫緊の課題になっています。日本国内にある戸建て住宅の多くは、木造住宅です。在来工法で建てられた木造住宅は、日本の気候風土に最適です。ただし、巨大地震の発生が絵空事ではなくなってきている昨今、戸建て住宅には快適性だけでなく高い耐震性能も求められるようになっています。静岡には地震の揺れに耐えられる強い家を作ってくれる建築業者がたくさんおり、多くの人に安心感を提供しています。

どのような家がよいのか

現行の建築基準法で定められている耐震基準を満たす家であれば、阪神淡路大震災クラスの大地震が起きても倒壊を免れることができると言われています。ただし、それだけで十分だと考えるのは危険です。なぜかというと、家の倒壊を免れることができたとしても、倒れてきた家具などの下敷きになって、中に住んでいる人間が怪我を負ったり死んでしまったりする可能性があるからです。本当に安全な家にしたいと考えているのであれば、家の耐震性能だけでなく、免震性能や静震性能についても考えてみる必要があります。わかりやすく言うと、単に揺れても壊れない頑丈な家にするのではなく、地面の揺れを建物にストレートに伝わらせないようにしたり、地震エネルギーを分散させて室内の揺れを最小限に抑えたりする工夫が必要になるのです。免震装置や静震装置を設置すれば、建物は無事でも中に住む人間は被害を受けてしまうという悲劇を回避できるようになります。